【バーサス考察】左リール中段赤7停止からの謎の法則

はじめましての方ははじめまして。そうではない方はいつもありがとうございます。バーサス狂の、とりせんです!

本当にバーサスと言う台は不思議なものでして、何度打っても新しい発見があるんですね。

楽しいパチスロ台と言われる台のうち、多くは直感で「楽しい!」と感じる台です。あとは出玉感が強かったりなど色んな理由があると思います。

楽しいと言われる台の中でもバーサスをはじめとしたアクロス系などのノーマルタイプは、じわじわと人気を得てゆく機種だと個人的に思っています。

しむ方法を知ることで、楽しみが深化する

これがノーマルタイプの最大の魅力であります。

設定看破の方法だったり、小役の確率だったり、攻略に必要な情報ってのは検索すればいくらでも転がってます。

でも、楽しむ方法って検索してもなかなか出て来ないんですよね!

楽しむ方法を知る一助になればと思い、今日もあたしのバーサス脳をひけらかして行きたいと思います!

左リール中段赤7からの謎の法則

中段赤7…滑りコマ数問わず、小役ハズレでリーチ目

ベルがテンパイして、「ベルかよ~…ぺちっ、うお!ハズレた!」
スイカがテンパイして、「どうせスイカでしょ~、ぺちっ、うわ!ハズレた!」

そんな悲喜こもごもを演出する「左中段赤7」停止。

特に、赤7上段狙いをしているとよく滑って現れる出目ではあるんですが、スイカを左リールに引き込んでいるということで、一枚役A~C(赤7BIG確定)の可能性が格段にUPします。

ということもあり、一枚役LOVEの私が、左中段赤7から狙うのはココ!

右リール中下段に赤7狙い

赤7BIGは必ず、チェリーか特殊リプ、もしくは「スイカブランク赤7」通称スブナの1枚役と同時当選するので、左中段から挟み打ちで赤7BIGが生入りすることは絶対にありません。なので逆にスブナを最初から狙って行くスタイル!

あああああんぁぁんはぁんあはははっぁぁぁん

ほぼ、スブナ。そうでは無くとも、2確……嗚呼、なんて美しいのだろう。下段チェリー付き7を見る為にスロットを打っていると言っても過言ではないぞ……はぁはぁ……(余韻が長い

謎の法則1:ベルの制御

もちろん上記のように下段チェリー付き7が止まれば2確でありますし、ベルやスイカがテンパイしても外れればリーチ目なのは間違いないんですが……。なぜそこまで滑る?というシーンが多いのでそのご説明をして参りましょう。まずはベルから。

ずる~ん

これが一番多く見る停止系です。大体ベルが揃います。と言うより右リール赤7狙いをしていてここからベルが外れたことがない。個人的にはベル2確なんです。これがまず一つ目の謎の法則なんです。

何が謎って、ベルって赤7の下にあるんですよ。

だから右の中段に赤7が止まったらベルでも良さそうなものなんです。

ビタァァァァッ

そう、コレでいいじゃないですか! ベルが揃うだけならコレでいいんです、そのはずなんです!  ですがココでビタ止まりしたら、 ベル揃いません。

実践上REG2確です。

┐(´∀`)┌ Why?
私の頭ではこの制御の理由を説明できない……どうすればいいの!笑

謎の法則2:スイカの制御

はい、続いての謎の法則はスイカについて。これもどうしてそうなるのかぜんっぜんわからないので……えっと、どうなるのか先に言っちゃいますね?

スイカA(平行)スイカB(斜め)どちらも斜めに揃います。

滑って滑ってにゅるり~ん♪

スイカ君! 君というやつは! どうして上段で止まってくれないんだい!!

ちなみに、
・2消灯+ブーメラン
・3消灯+クロスファイヤー
・3消灯+スラッシュ1

などが発生するとスイカA(平行)がわかります。

対して、
・2消灯+クロスファイヤー
・3消灯+ブーメラン
・3消灯+スラッシュ2
・予告音+消灯なし

などが発生するとスイカB(斜め)だとわかります。

※何も演出がない時やRT中などは判別できません。

要はですよ、ここまでスイカが滑って来て、斜めに揃っているというのに、どちらの演出も発生するんですよ! もうこうなったらいよいよわかんないですよね! もうね、平行と斜めを分けて数えるのやめたほうがいいですよ!!笑

(目押しミスなのか、まれにここからスイカがハズレて当たることも)

スイカは、下段まで滑ってくる。それは、わかった。じゃあスイカが上段で止まるとどうなるのか……? 決してスイカは揃わないのか?

はい、この形ですね。実はこの形からスイカが揃ったことがないわけではないんです。多分きっと目押しミスをしているんだと思います。じゃあ目押しミスでしか止まらない出目になるんでしょうか? いいえ、違います。とあるフラグの時にここでスイカが止まります。

じっくり本記事をご覧いただいている方はもうお気付きでしょう! この記事の一枚目に差し込まれている画像。覚えてらっしゃいますか? あらやだ、読み飛ばしちゃってますか? じゃあ特別ですよ、もう一度ご覧いただきましょう、こちらです。

で、でた~! 特リプ~!!

というわけなんです。下段「凸ベル・ベル・チェリー」の特殊リプレイ(BIG確定)がここからの成立フラグとなるのです。あくまで、実践上なのですが……。

2019.3/11 追記~
この形から、中リール上段にBARが停止してREG当選、というパターンがありました! ↑で大分盛り上がっちゃってますんでほんと恥ずかしいんですけど、いやはや奥が深いですねぇほんと……。

左中段7から、右リール7狙い~まとめ~

ざっくり言ってしまうと、「右上がりのベルテンパイ+右下がりのスイカテンパイ」以外は全て2確!

そもそも右リール赤7周辺と言うのはリール配列が他の部分と違うのです。と言うのもバーサスの右リールは、リプレイとスイカの配置が基本「間3コマ」なんですが赤7の前後だけ「間4コマ」なんです。それによって、独特の制御をしやすいという事実はあります。それにしてもベルとスイカの制御は謎すぎ。

こういう謎に対してビシィィィ!っと「こうです!」と言えるくらい、詳しく。そして目押しが上手くなりたいものです……。

書いてて打ちたくなってきました。実機買いたい。
ご精読ありがとうございます。とりせんでした。

※記事の内容は著者みゃもと独自調べによるものです。
間違いの無いよう極力精査をしておりますが、お気付きの点がありましたらご連絡頂ければ確認をさせて頂きます。